« 声 | トップページ | 体の声 »

2016年2月 5日 (金)

人間は音に敏感である。大きな音に驚き、甲高い声に違和感を覚えることもあるだろう。ヒトラーは集会に先だって不快な低音を会場に満たしておき、自分が現れたときに音をとめて、自分の出現を心地よく感じさせていたという。反対に、無音もまた人を不安にさせる。ひとりぽつんとこの世にいて、誰とも会話しない寂しさはたとえようもない。人は人と話を交わすことで、自分の存在を確かめている。子どもが「お母さんは優しいね」と言うとき、子どもは母に何を語っているのだろうか。

« 声 | トップページ | 体の声 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63151875

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 声 | トップページ | 体の声 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ