« 決断 | トップページ | 梅 »

2016年2月 8日 (月)

凝視

子どもたちは、相手をジッと目を凝らして見る。その凝視に大人たちは辟易する。彼らは人、モノを観察しているのである。対象を嗅ぎ、感じ、見、触れ、そして行動する。その凝視こそ、観察能力そのものだ。周囲はしばしば、「じろじろ見てはいけない」などと言う。その制止こそが対象に対する関心の芽を摘んでしまう。興味を抱く、関心を持つ心の起源は、相手をジッと見ることにある。子供時代に制止された欲望は、違った形で行動としてあらわれてくるのである。

« 決断 | トップページ | 梅 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63176246

この記事へのトラックバック一覧です: 凝視:

« 決断 | トップページ | 梅 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
フォト
無料ブログはココログ