« 体の声 | トップページ | 情緒 »

2016年4月 8日 (金)

灯り

暗い帰り道の途中、家の灯りがポツンと見えたとき、人は温かみを感じるだろう。たった一つ電球から人が感じるものは、家族の団欒ではないだろうか。子どもたちが待っているだろう、夫や妻が迎えてくれるだろう、などと思いを巡らせる。電球もさることながら、人の心にポッと灯りを点すもの、それは温かな人の言葉ではないだろうか。どんな言葉をかけられただろう、どんな言葉をかけただろうか、などと思いをはせる時、その人の心にまた一つ明かりが灯るのだ。言葉は武器ではない。言葉は利器として使うための大切な道具である。

« 体の声 | トップページ | 情緒 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63443827

この記事へのトラックバック一覧です: 灯り:

« 体の声 | トップページ | 情緒 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ