« 経験談 | トップページ | 振舞う »

2016年5月29日 (日)

夢中

夢中になるとはどういうことだろう。それは中断されなかったことを意味する。あなたがもし、何かに夢中になっているとき、そばで「することをしてからだ」、「体に悪いよ」、「早く寝たほうがいいよ」などといわれたらどう感じるだろう。「うるさい、黙れ!」と言えれば「夢中」になれたはずである。ところが、その言葉を「自分への助言」と受け取った場合、夢中になりたかった欲望は無意識にとどまり、そのときの葛藤が邪魔をして夢中になれない可能性がある。夢中にさせるためには、相手の行動をそっと見守ることである。そう考えると、「うるさい、黙れ!」と言える子は、将来、何かに夢中になれそうである。

 

« 経験談 | トップページ | 振舞う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63657775

この記事へのトラックバック一覧です: 夢中:

« 経験談 | トップページ | 振舞う »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
フォト
無料ブログはココログ