« こだわり | トップページ | 経験談 »

2016年5月27日 (金)

美の基準

私たちが絵を見て「美しい」と感じるのはなぜなのだろうか。絵を見て、説明を聞いて美を感じるのは、視覚と聴覚とがくっついているからだ。その起源は幼少時代にさかのぼる。絵を見ていた時、「なんて美しいのだろう」とそばの誰かが言った時、子どもは絵とともに、「なんて美しいのだろう」という言語が頭の中にインプットされる。美の基準が形成された瞬間である。後年、絵に接した時、頭の中に「なんて美しいのだろう」という言葉が響くのだ。それが感想である。私たちは幼少期の経験の反復をしているのである。そしてそれが最も大切なことでもある。

« こだわり | トップページ | 経験談 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63652466

この記事へのトラックバック一覧です: 美の基準:

« こだわり | トップページ | 経験談 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ