« 拘束 | トップページ | 伴走者 »

2016年5月 2日 (月)

お茶

人はなぜお茶をするのか。家ではなく、カフェなどでお茶を飲むのはなぜなのだろうか。カフェのテーブル上には何もない。せいぜいメニューか、シュガーといったものだけが存在するのみである。それらが二人の会話を邪魔することはない。二人の間にあるのは時間、空間のみである。あたかも茶室で向かい合う主人と客のような静謐な時間だけがそこにあるだけだ。どちらからともなく会話は開始され、果てるともなく続いていく…。それにしても、このファミレスに満ちている会話のかまびすしいことはたとえようもない。老境に入った人たちが最後に目指すのがお茶室、というのもむべなるかな、である。

« 拘束 | トップページ | 伴走者 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63552579

この記事へのトラックバック一覧です: お茶:

« 拘束 | トップページ | 伴走者 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ