« 囲まれる | トップページ | お茶 »

2016年5月 1日 (日)

拘束

人は拘束されることを嫌う。しかし、相手は人を拘束しているとは感じていない。身近なことでは、赤ん坊が母を拘束することである。24時間、いつでもどこでも子供は母に要請してくる。そのとき、母が子供に拘束されていると感じるか、要請に応えているかと感じるかである。後者の考えなら、母は自分が必要とされていると感じるだろう。前者の考えなら、自分が拘束されていると感じ、子どもを疎ましく感じるかもしれない。この子を育てているのは自分だ、と受け取ることができれば子どもだけではなく、他者からも自由になれるのである。

« 囲まれる | トップページ | お茶 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63552556

この記事へのトラックバック一覧です: 拘束:

« 囲まれる | トップページ | お茶 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ