« 自我の芽生え | トップページ | 不安 »

2016年6月10日 (金)

子どもの自我と、親の自我とが一致することはない。幼いときは兎も角、もし一致することがあるとしたら、その方が問題である。どちらか一方が、相手の自我に合わせることが大切である。親は振り回されろ、というのが基本。親の都合で子どもを振り回せば、子どもは親の顔色をうかがう人生を歩むことになるだろう。子どもが「こうしたい」という要求に、親が鏡になって合わせてあげることで、子どもの自我が確立していくのである。

« 自我の芽生え | トップページ | 不安 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63661337

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 自我の芽生え | トップページ | 不安 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
フォト
無料ブログはココログ