« 待つ | トップページ | 命懸け »

2016年7月 1日 (金)

色を見て人が感じるものは何だろう。それは感情価である。赤、白、青・・それぞれの色には感情価が附着している。単なるインクでしかないその色に、人が勝手に価値をつけているのだ。そしてその背後にある何かを思い出している。赤を見て、暑苦しさを感じる人と、情熱を感じる人とがいるのはそのためだ。色を見て、何も感じないというのも困ったことである。色気とは色を感じる心なのである。

« 待つ | トップページ | 命懸け »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 待つ | トップページ | 命懸け »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ