« 色 | トップページ | 欲望の行方 »

2016年7月 2日 (土)

命懸け

大人は欲しいものを、自らの手で入手することができるが、子どもはそうはいかない。親に欲しいと告げなければ、それがかなわない。それによって、伝えることを学ぶ。思い通りのものが与えられれば、自分の欲望の実現を目の当たりにして、笑顔と共に自己実現を学ぶ。問題は、求めるものが否定されたときである。身分不相応だ、歯に悪い、などの理由とともにその願いが却下されれば、子どもは命懸けでそれを主張する。さらに否定されれば、我慢をするよう命じられる。親のほうも命懸けで否定する。たかがコーラ一本と言ってはいけない。今、レストランの隣席で繰り広げられているそれは、まさに命を懸けた闘いなのである。

« 色 | トップページ | 欲望の行方 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63716850

この記事へのトラックバック一覧です: 命懸け:

« 色 | トップページ | 欲望の行方 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ