« 真相 | トップページ | 雲 »

2016年8月13日 (土)

連想

人は、一つの言葉からいろいろなことを連想する。「京都へ行ってきました」、と聞いて「お寺めぐりかな?」と受けとるひともいれば、「歴史に興味があるのだろう」と受けとり、べつの人は「食べ歩き」を連想しながら聞くことになる。いわば、自分の範囲のなかで聞いているのだ。そこに会話の楽しさと齟齬が生まれる。したがって、最後まで聞いてみて、初めて真相が明らかになるのである。さらに「四泊しました」と続けば、聞く側は、どれだけ寺や歴史、食べものを堪能したことかと連想が膨らむだろう。最終的に、「連日、京都競馬に行きました」という話に落ち着くころには、やはり人の会話が噛み合うことの難しさを痛感することになる。同じ人が競馬愛好家と会話しても、また、100パーセント一致することはなさそうである。

« 真相 | トップページ | 雲 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/63773679

この記事へのトラックバック一覧です: 連想:

« 真相 | トップページ | 雲 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ