« 思い遣り | トップページ | 聴覚 »

2018年2月23日 (金)

言葉の裏側

2


言葉には裏がある。豚児というからどんなお子さんかと思えば、それは目から鼻に抜けるような好青年であったりする。「お茶しよう」という言葉は、私の愚痴話を聞いて欲しい、と言っているのであり、「私は○○で」は、本当は悧巧なのですよ、と言っているのである・・わたしたちが率直に言うことは世間では、はしたないこととされている。嘘をつけ、と言っているに等しい。相手が「本当のことを言ってほしい」というので、「本当のこと」を言ったばかりに口もきいてくれなくなった、という人もいる。真実を知りたい気持ちと、お世辞の一つも言って欲しい気持ちと、二つの思考が人間の心の中に存在している。

« 思い遣り | トップページ | 聴覚 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/66375491

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の裏側:

« 思い遣り | トップページ | 聴覚 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ