« 未来 | トップページ | 郷愁 »

2018年3月 1日 (木)

情け

人から情けをかけられて嬉しかったことはないだろうか。こちらが弱っているときには余計ありがたいものだ。情けをかけることはある意味で、勇気が必要とされる。情けをかけなければ情け知らずと称され、かけすぎれば甘やかしと評価されることにもなる。情けをかければかけるほど良い時代はいつか。それは子ども時代である。幼い子どもは、一人では生きていけない弱い存在である。情けだけで生きているといっても過言ではない。子どもたちに情けをかければかけるほどすがってくる。それなしでは僕たちは生きていけないのです、と言っているかのようである。そんな無限の欲望にブレーキをかける人物こそが父である。

« 未来 | トップページ | 郷愁 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情け:

« 未来 | トップページ | 郷愁 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ