« 欲望 | トップページ | ちょっと嬉しい »

2018年3月12日 (月)

欲しいもの

子どもたちが欲しいと感じているモノは、実は最初からは存在しないのである。他の子どもがご満悦の顔で持っているモノを見た、その瞬間に欲しくなるようなものである。他人が持つことで欲しくなるのである。それを巧妙に仕掛けてくるのがコマーシャルである。そう考えると、なぜそれが欲しいか?と聞かれても言えない理由がわかるだろう。「誰々さんが持っているから、自分は悔しくて欲しいのだ」などと言える人がいるだろうか。口が裂けても言えないことが「嫉妬」ではないだろうか。子どもが欲しいと言ったものは「はい」と言って与えること、そうすることで子どもの自己愛は傷つかずに育っていくのである。

« 欲望 | トップページ | ちょっと嬉しい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいもの:

« 欲望 | トップページ | ちょっと嬉しい »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ