« 自分発見 | トップページ | 階段 »

2018年4月19日 (木)

いい子

青春時代につっぱっていた子も、大人になるとすっかり角がとれて「お世話になります」などと言ったりする。それを進化と呼ぶ。進化したかどうかは挨拶、応対に表われる。自分は家族から大切に思われていて、両親が自分を見捨てることは絶対にないという確信が、安心・安全をその子の心に刻み込む。それが優しい思い遣りのある言葉となって発っせられるのだ。しかし、自分だけはつっぱっていなかった、素直な子供だったという人たちが多い。人は都合の悪いことは忘れてしまうのだ。

« 自分発見 | トップページ | 階段 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/66581411

この記事へのトラックバック一覧です: いい子:

« 自分発見 | トップページ | 階段 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ