« 言葉の豊かさ | トップページ | 表裏 »

2018年5月15日 (火)

「ボク」の発見

「マーくん、バナナ食べたい」と言っていた子どもが、ある日突然、「僕バナナが食べたい」と言うようになる。母親の「マーくんは何食べたい?」に対するおうむ返しから一気に変わった瞬間である。母子の対話をもう一人の人間が眺めていて、その場合は「マーくん」ではなく、「ボク」と言うのが正しい、と子どもに告げているかのようである。これこそ主体の発見である。ボクは母の所有物ではなく、一個の人間であるという宣言である。このとき子どもは自分を支配する主になるのである。

« 言葉の豊かさ | トップページ | 表裏 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/66672415

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボク」の発見:

« 言葉の豊かさ | トップページ | 表裏 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ