« 手にしたもの | トップページ | 待つ »

2018年6月12日 (火)

経験

人間の経験することは、ほんのわずかである。書物の中の経験談は、全てが未知のことだらけである。その一文ごとに、読者は驚嘆しながらページをめくっている。
 同様にクライエントの語りも、聴き手の経験し得ないことだらけである。こちらの経験など何の役にも立たないことを知っておくべきである。そこで語られることは、どんな書物にも書かれることのない、迫力と新鮮さに満ちている。
 聞き手は感動し、共感することで、語り手は自分の歩んできた道が正しかったことを確認するだろう。そして、これから歩んでいく道もまた、間違ってはいないと確信するのである。

 

« 手にしたもの | トップページ | 待つ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/66761448

この記事へのトラックバック一覧です: 経験:

« 手にしたもの | トップページ | 待つ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ