« 今を生きる | トップページ | 思い出 »

2018年7月 8日 (日)

絵を見ているとき、見ているものは自分自身である。絵のなかに赤ん坊とその母親、祖母が描かれていれば、三人とも自分である。可愛かった自分、子どもを可愛がっている今の自分、将来の自分。さらにもう一人自分がいる。それは絵をしみじみ見ている自分を見ている私。私は一人の他者である、という言葉が思い出される。

« 今を生きる | トップページ | 思い出 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/66895737

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 今を生きる | トップページ | 思い出 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ