« 言葉と言語 | トップページ | 麻痺 »

2018年7月30日 (月)

凝視

子どもたちは真っ直ぐに人を見る。彼らの送ってくる凝視に、大人 はたじろいでしまう。電車の車内でおにぎりなんぞを口にしようものなら、前に座っている子どもたちからの視線の集中砲火を浴びることになるだろう。大人の私たちは、凝視することを忘れてしまったのではないか。子どもだから許される凝視するという行為を、大人たちがしなくなって久しい。深く考える、じっと観察する、……そんなに深刻に考えてどうする、という声がどこからともなく聞こえて来そうである。そうした声が、 私たちの凝視する目線を目標から逸らせているのかもしれない。

« 言葉と言語 | トップページ | 麻痺 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凝視:

« 言葉と言語 | トップページ | 麻痺 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ