« 返事 | トップページ | 自分の声 »

2018年8月 4日 (土)

症状

私たちの体は、私の思うようにはならない。たとえばぎっくり腰や腹痛がそうである。便秘、頭痛…ありとあらゆる症状が自分で作り出せないからである。それでもそうした症状が出てしまうのは、そこに何かの働きがあると考えざるを得ない。それが無意識である。どうすれば無意識を知ることができるのだろうか。ぎっくり腰になったとして、それを知ることができなさそうである。家族のため、給料のため…働かなくてはいけないという表の理由を飛び越えて、無意識の力がまさってしまっているのだ。それを知った時、人は症状から解放されるのである。ところが、症状の出ない人も一方では存在する。それはなぜなのだろうか。

« 返事 | トップページ | 自分の声 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 症状:

« 返事 | トップページ | 自分の声 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ