« 捨てる | トップページ | 目標 »

2018年10月 4日 (木)

こだま

声をかけても返事がないときの虚しさは幽霊と対面しているかのようである。子どもたちが母親に向かって何度も「ただいま」を繰り返すのもうなずける。母の口から発せられる「お帰り」の返事を要求しているのである。レストランでも店員は返事だけでなく、態度、まなざしもプラスしなければならない。さらに、買わないことをこちらから告げたときの店員の失望した態度にも耐えられる自分でありたい。

« 捨てる | トップページ | 目標 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/67207040

この記事へのトラックバック一覧です: こだま:

« 捨てる | トップページ | 目標 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ