« 記憶 | トップページ | 不安 »

2018年12月 2日 (日)

役割

気持ちが落ち込んでいるとき、人の心には、慰めてもらいたい気持ちと、励まされたい気持ちの両方が生じてくるのではないか。いきなり励まされても辛いだろう。まず慰めてほしい、そしてその後に激励の言葉が欲しいという人もいるだろう。片方だけでは前に進めず、激励だけではかえって落ち込む結果になる可能性だってないことはない。人は両方の言葉を必要としているのである。その役割を担う人こそ父と母ではないだろうか。

« 記憶 | トップページ | 不安 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

慰められる親はどれだけいるのでしょうか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544568/67429645

この記事へのトラックバック一覧です: 役割:

« 記憶 | トップページ | 不安 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ