« 自己 | トップページ | 理想 »

2019年1月 5日 (土)

憂い

初詣の行列に接すると、だれもが幸せそうに見える。この人たちにこれ以上の願望があるのかと疑われるほどだ。当然のことだが、悩みのない人などいない。欲しいものが手に入っても憂いを抱く人もいるのだ。これで思い残すことはない、という人も思い残しの一つや二つは必ずあるものだ。これでいいと思える日まで道のりは遠いと心得よう。いっぽうで、この欠乏感が人生を前進させる原動力にもなるのである。靴下を替えなくてはというちょっとした憂いから壮大な願望まで憂いは当分続くのである。壮大な願望を抱きつつ小さなことに喜びを見出す自分でありたい。

« 自己 | トップページ | 理想 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

壮大な願望は、口に出さない方がいい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憂い:

« 自己 | トップページ | 理想 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ