« 問い | トップページ | 「見る」と「見出す」 »

2019年1月10日 (木)

モノ

どんな品物であっても、自分で選んだモノは愛着があるものである。それは自分自身を指し示しているからである。モノを入れるときの紙袋一つでさえ、たくさんあるデパートの紙袋の中から吟味すれば、それはそれで美しく見えてくる。人から見ればどんなものであっても遠慮することはない。自分で選んだということは、自分を見出したことになるからだ。人からそんなモノのどこがいいのか、新しいものに替えたらどうかなどと言われても、その言葉に決してひるんではならない。モノを否定されることは自分を否定されることも同然となるからである。自己否定ではなく、自己肯定の人生を歩むべきである。

« 問い | トップページ | 「見る」と「見出す」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

何を言われても、気にせず自分の道を

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノ:

« 問い | トップページ | 「見る」と「見出す」 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ