« がむしゃら | トップページ | 満足 »

2019年3月26日 (火)

集団心理

満開の桜の下で大道芸人が伝統の芸を見物客に披露している。幼い子どもに手伝わせたり、しくじりの小技を繰り出しながら広げた傘の上で四角い升を回しながら、観客の歓声を浴びている。芸も終わりに近付いたところで、先ほどまで回していた升を地面に置いて、おひねりを要求している。これでお開き!と言った次の瞬間、客の一人が札を一枚彼に差し出した。大勢の客の目はそこに集まった。それからというもの、次から次へと升のなかは札であふれかえってきた。やはり東京は違うのだ。最初の客はサクラか、そうでないのか…真実は桜吹雪とともに虚空へ散っていった。

« がむしゃら | トップページ | 満足 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がむしゃら | トップページ | 満足 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ