« 置き換え | トップページ | 嫉妬と羨望 »

2019年3月 6日 (水)

自己知

人は多くの場合、自分のことを知らないし、知ることができない構造になっているのだ。たとえば自分の背中。鏡を見ればいいと思っても、じっくりと見ることなどできはしない。人から指摘されたときのほんの一瞬だけ知れるに過ぎない。背中についたゴミなど、教えられた時だけわかるにすぎない。誰さんはお喋りで、批判ばかりすると言うとき、それがなにを語っているのかさえ、本人が知ることはできないのである。そのことが自分でもわかる瞬間があるのである。

« 置き換え | トップページ | 嫉妬と羨望 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己知:

« 置き換え | トップページ | 嫉妬と羨望 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ