« 多面性 | トップページ | 自分だけ »

2019年3月30日 (土)

想像

美術館で入場券を買う人が、「65歳以上です」と係員に言っている。この美術館は65歳以上の人なら半額で入場できるのである。係員が「何年生まれですか?」と問いかける。彼は「○○年生まれ」と答える。係員はさらに身分証の提示を求めている。承認されたと見えて彼は入場券を手にすることができた。次は私の番だ。彼にならって「65歳以上」ですと宣言した。ところが、生まれ年を聞くこともなく、身分証の提示を求められることもなかった。もちろん半額で入場することができたのだが、彼と私との違いは何だったのだろうか。私の顔に年齢が書いてあったのだろうか。

« 多面性 | トップページ | 自分だけ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多面性 | トップページ | 自分だけ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ