« 子供時代 | トップページ | 感覚 »

2019年8月19日 (月)

読み取る

人は知らず知らずのうちに相手を傷つけている。「おはよう」という挨拶に同様の挨拶を返しても、相手はこちらの表情や口調などで愛想のない奴だというレッテルを貼ってくることもある。店に行けば、店員が返事を返さないだけでもこちらが少しは傷つくことを私たちは日々経験している。どうすれば傷つかずに済むかといえば、人と会話しないことである。それでは生活ができないではないかというお叱りを受けそうであるが、それがベストである。

« 子供時代 | トップページ | 感覚 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供時代 | トップページ | 感覚 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ