« 影 | トップページ | 沈黙 »

2020年2月 4日 (火)

記憶

どこかで食べたステーキが美味しかったというとき、私たちは味で記憶しているのだろうか。残念ながら味は覚えていないらしいのだ。なにで記憶しているかというと文字である。「美味」という文字でしか覚えてはいないのである。だから、どこかでステーキの文字を見た瞬間にその記憶がよみがえってくることになり、後日その店に足を運ばせる原動力にもなるのである。その記憶と目の前にあるステーキ弁当の味とを比べながら、こっちの方が固いか柔らかいかを比べている、それも文字なのである。こう考えると、私たち人間は文字を食べる生物と言えるかもしれない。

« 影 | トップページ | 沈黙 »

心と体」カテゴリの記事

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ