« 評価 | トップページ | 先頭 »

2020年6月16日 (火)

食物

人によって食べ物の好き嫌いはあるものだ。嫌いの度合いたるや、ちょっと嫌い、などというものではない。その食べ物を口にした途端にアレルギー反応を起こすくらいに嫌いなものである。これはかなり危険だ。場合によっては命にかかわる反応でもある。他人は、美味しいのに、とか、信じられないなどと冷ややかである。ところが本人にとっては深刻である。それがアレルギー反応である。信じられない、などという人も、嫌いな人が目の前に現れれば、アレルギー反応だ、などとのたまう。嫌いなモノに悪い思い出がくっついているように、嫌いな人にも何かの思い出がくっついているに違いない。その思い出を語れた時、きっとその食べ物を口にすることができるはずである。

« 評価 | トップページ | 先頭 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 評価 | トップページ | 先頭 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ