« 〜のように見える(2) | トップページ | 未来 »

2022年7月12日 (火)

言葉だけの世界

レッカー車の運転手同士の会話である。「道路脇から転落して大破した車の引き上げ依頼あり。ドライバーは緊急搬送されて不在。クレーン車を要請するか検討中」。毎日のように大破した車やケガを見ているようで、実は見てはいないのだ。彼らが見ているのは、無事にレッカー車に載せるイメージだけである。だから、転落の様子や大破もケガもない世界にいられるのである。気持ちが揺らいだらレッカー作業はできない。慣れの世界ではなく、言葉だけの世界に行っているからこそできることである。われわれはいかに感情に支配されているか思い知らされる。

« 〜のように見える(2) | トップページ | 未来 »

心と体」カテゴリの記事

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ