« 花鳥風月 | トップページ | 変貌 »

2024年5月18日 (土)

語り口

楷書風のぎこちなさのある東京弁で話されると、道の角を定規のように歩かされた気持ちになる。鼻濁音を欠いた語り口に圧倒され、こちらの鼻濁音の軽薄さを侮蔑されているようにも感じる。京都弁が標準語だったらよかったのにという意見にも肯首できる。どんな語り口にも心が動揺しないことを心掛けよう。

« 花鳥風月 | トップページ | 変貌 »

心と体」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ