« 離れる | トップページ | 断片 »

2024年6月30日 (日)

軒から落ちる雨滴がまばたきする睫毛のように落ちていく。その向こうに竹林が愁雨にけぶっている。ときおり竹の葉を滑るのだろうか、水の塊が音を立てる。背景に張り付いているのは水墨画のようなねずみ色の一色だ。その奥に灼熱の陽がその出番を今か今かと待ち構えていることだろう。

« 離れる | トップページ | 断片 »

心と体」カテゴリの記事

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ