カテゴリー「心と体」の記事

2018年7月23日 (月)

捨てる

不要な品物は捨てるのが得策である。人様の家の庭先に目をやると、いろいろなものが大切そうにとってある。割れた植木鉢、朽ちそうな物干し棹・・・捨ててしまえばいいのに、と思うのは他人だからである。自分のことになると、なかなか捨てられないのは、モノには思い出がくっついているからである。ラベルのように付着している思い出をはがしてしまえば単なるモノになってしまう、その思い出を捨てられないでいるのが人間である。捨てられないでいる最たるものがコンプレックと呼ばれるものである。捨てればすっきりします。

2018年7月22日 (日)

手際

食事のたびごとにレストランに出かけるのは、空腹を満たすためだけではない。店員のきびきびした身のこなし、料理を作っているコックの手際の良さ、それを運ぶ姿の良さ、ちょっとした花がテーブルに添えてある手際の良さなどを料理が運ばれてくるまで楽しんでいるのかもしれない。待っている間も食事なのである。あまりにも手際が良すぎてすぐに料理が運ばれてくるのが私の夕食である。便利なようで物足りなくもある。待たされる時間にも程よい待ち時間というものがありそうである。

2018年7月21日 (土)

行きつけの店

人は誰もが「行きつけの店」をもっている。そこに行けば、何がどこにあり、どう注文すればよいのか、すべて体が覚えているので心地よく過ごせるのである。そこは心のよりどころである。夫にとって行きつけの場所が家であり、子どもにとっても家が行きつけの場所であれば、夫も子供も自然に家に帰ってくることだろう。そこで夫も子供も心を癒し、寛ぎを得てリフレッシュし、翌日はまた会社に学校に行くことだろう。私にも、徒歩50歩のところに行きつけの店というものは、ある。

2018年7月20日 (金)

完璧

だれが見ても良妻賢母、炊事洗濯はもちろん、身のこなしも、洋服のセンス、立ち居振舞い・・・すべてにわたって完璧な母がいたとしましょう。そんな母親に育てられた子どもは幸せになるのだろうか。母が料理に不得手だったがために、その子は料理に詳しくなったかもしれず、母がどうやら勉強が苦手だったがために、学校の成績が良くなったのかもしれない。子どもは親の欠点を見つけては批判し、攻撃することをやめない。それは、子供の成長にとって欠かせないのは親を越えて、完璧な人間になろうとする意志の表れなのかもしれない。

2018年7月19日 (木)

対話相手

人が誰かと会話しているとき、相手その人と会話しているのではない。「社長のネクタイは素敵ですね」と誰かが社長に言ったとき、「社長」という肩書と会話しているのだ。その人自身に似合っているのではなく、「社長」という名称に似合っていることになるのだが、そのことに気づく人は少ないのではないか。あなたの飼い犬がかわいい、と言ってくれる人と駅で出会い、挨拶をしかけた時、相手から怪訝な顔をされたことがある。あわてて「〇〇(ペットの名前)のパパですよ」と言い添えたとたん、「あー」と思い出してくれたのだった。

2018年7月18日 (水)

見た目

見た目くらい、私の目をだますものはない。一見優しそうな人の口から強烈な言葉が飛び出したかと思うと、いかにも怖そうな男性が丁寧な物腰で店員と話していたりする。顔は歴史という一方で、顔は防衛であるという説もある。人から恐れられる風貌がいやで、あえて優しくなったとも考えられ、甘く見られないために、わざと怖い声を出しているのかもしれない。普通に会話すればいいのに、その普通がむずかしいのが現実ではないだろうか。

2018年7月17日 (火)

無くて七癖と言われる通り、人には自分でも気づくことのできない癖がある。スープの飲み方、お辞儀の仕方、歩き方などなど、人それぞれだ。それらは、すべて親のマネである、良きにつけ悪しきにつけ、すべては親のしていたことである。自分が言葉をおぼえ始めたときに教わった日本語さえも親の口移しである。オリジナルなものは一つもないのである。いっそのこと、物まねのすべてを投げ捨ててしまいたい衝動に駆られる、というのもまた親の言っていたことかもしれないのである。

2018年7月16日 (月)

厳しさとユーモア

高校時代、バスケットボール部に入部して「失敗した!」と思った瞬間は、コーチであった。彼はあちらの世界の親分としか見えなかったからだ。特に、夏の合宿は過酷を極めた。部員の中でエスケープする者が出なかったのも、このコーチのおかげである。練習終了後は宿が手配したトラックの荷台にメンバー全員が乗せられる。その道のり、疲れと暑さで声も出ずうなだれていると、彼は練習中とは打って変わって、ルイジアナママを歌うのだった。「やってきたのはニューオリンズ♪」と楽しそうに歌うのだ。厳しさとユーモア、耳に残る歌声に支えられたのは、その時だけではなかったのである。

2018年7月15日 (日)

存在

雨漏りがすれば、瓦が気になり、メモする必要が生じれば、机上の紙が目に飛び込んでくる。私たちは、ある現象が起きてはじめて、その存在に気づくのである。裏を返せば、その現象が現れる以前には、瓦も、紙も存在してはいないのである。「お前は必要とされた子だ」「望まれて生まれてきた子」の言葉によって、私たちはこの世に誕生するのである。

2018年7月14日 (土)

目標

生きるための目標は何でもよい。俳優、大河内伝次郎は60年かけて京都に山荘を作った。他の人が何と言おうとかまわない。自分だけの目標をもつことが大切だ。人と比べることはない、私だけのオリジナルの目標をもつことができれば、人の批判も苦にはならない。そのことだけを考えていれば食事をとらなくても平気である。それを生きがいというのである。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ