カテゴリー「心と体」の記事

2022年7月 8日 (金)

世の中には自分と似た人が3人いるというが、なかなかお目にかかれない。その一方、同じ性格をもつ人はたくさんいる。しかしそのことに気づけない。その訳は、自分の嫌な性格は見たくないから見ようとしない。さらにはそんな性格の人にイライラしたりする。あの人のことを思い出すと腹が立つ、というとき、それは自らの性格を語ることになる。そうなると誰も人のことなど非難できなくなるかもしれない。

2022年7月 7日 (木)

同一化

年長者から、「歳をとるといいことがありますよ」と言われて、そうだな〜、と思うときに、同一化が起こっている。同一化とはマネすること。同一化が生じるための条件は、その人との間に信頼関係が構築されていなければならないこと。私という存在はだれかをマネすることから始まっている。誰をマネるか、環境は大切な課題でもある。

2022年7月 6日 (水)

包容力

あの人は包容力がある、と言うときの包容力とは何だろうか。それは人の言葉のすべてを受け入れる力である。あれもこれも、すべてを受け入れる力である。八方美人ではなく、すべてを感情をださずに聞く心の広さをもさしている。いちいち感情を出していたら心はあっという間に崩壊してしまうだろう。どのくらいの広さか。東京ドームくらい?とんでもない、宇宙空間並みである。聞くところによると、宇宙は膨張しているという。私たちの心も膨張していくといいのだが。

2022年7月 5日 (火)

モノ

世の中は欲しいモノで溢れかえっている。テレビからは買えとばかりに商品名が連呼でされる。街の看板からは色彩とデザインとキャッチコピーが目に飛び込んでくる。私にはもともと欲望があったのか。それとも欲望をつかまされているのか。目をふさぎ、言葉も聞かないようにしていると、人から何も知らないと揶揄される。それでも欲望から逃れるようにする、これはもはや戦いなのかもしれない。

2022年7月 4日 (月)

気の緩み

気の緩みは、うまくいったあとに起きやすい。仕事の成功、満足体験…そんな体験があっただろうか。満足したと思ったあとでもっと欲しがっている自分もいる。反対に、失敗体験のあとで気は引き締まるものだ。失敗は成功の母。これからも失敗し続けることは間違いがない。

2022年7月 3日 (日)

変身(2)

モノにはさまざまな用途がある。ペットボトルを持ち歩くための保冷バッグをスマホケースにしている人もいる。一枚の紙片が重要書類になったり、紙飛行機としてもてあそぶこともできる。授業に必要な黒板拭きも道端に放置されればただのゴミである。わたしたちは何に変身するか、そして変身し続けるのか、はなはだ楽しみである。

2022年7月 2日 (土)

変身(1)

モノはどんなものにも変身する。昨日まで小学生だった子も一晩で中学生に変身する。できない人間も、できる人間に、というように意識のなかで変えればよいのだ。変身するか、しないかの方向転換の力を意志力と呼ぶ。

2022年7月 1日 (金)

助言

風邪をひいて上司から、「健康管理ができてない」と言われた場合、叱られたと受取るか、助言してくれたと受取るかで気持ちは大きく変わる。前者で受取るばかりでは心が折れてしまうだろう。「貴重なご助言ありがとうございます」と言えればもっと違う人生を歩めるかもしれないのに。そんな言葉は言えない、というのが大半の気持ちだろう。さらに高次な受取り方もあるにはある。

2022年6月30日 (木)

意味づけ

私たちは何かにつけて意味づけする。前を走る車のナンバー8888を見ては笑い、あるいは末広がりと意味づけ、頭に鳥のお土産が落ちては意味づけしている。朝蜘蛛は殺すななどもそうだ。そこには何の根拠もないのだが、どうしてもそうしてしまう。単なる文字の羅列とは受け取れず、何らかの関連性を求めようとしている。私も少しは考えている証拠なのかもしれない。

2022年6月29日 (水)

理解

「何を言っているのか分からない」と人から言われて悩む人は多い。本当に分からないのか、それとも、こちらのことを分かろうとしないのか。相手のことを理解しようと思っているなら、何としても理解しようとするだろう。事実を明らかにしなければ、語り手は自信をうしなうだろう。

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ