カテゴリー「心と体」の記事

2020年11月29日 (日)

浮き沈み

人の心は一定ではない。常に浮かれたり落ち込んだりの連続だ。ずーっと変わらない方が珍しい。落ち込んでいるのはバランスを取っている最中だ。人から、元気出して!などと言われても困る。そっとしておいて欲しい。そのままにしておいてあげることを見守るというのである。

2020年11月28日 (土)

しるし

行楽地などのベンチのそばの看板に、「席の取り置きはご遠慮ください」と書いてある。そのベンチにハンカチが置いてある。「この席には座らないで」という誰かの主張が書かれてあるようなものだ。私たちはそこに意味を読みとっている。ハンカチ一枚が人に安心感を与えたり、命令されたように感じさせたり、文字の力は絶大である。

2020年11月27日 (金)

饒舌

気分がよいと人は饒舌になる。子どもたちは特にそうである。大人だって興味のあることや仲間、環境に恵まれれば自ずと饒舌になる。ただ本人だけがそのことに気がつかない。人から、「今日のあなたはずいぶんしゃべっていましたね」と言われても、そうかな、と思う程度だ。饒舌になるとは関心のバロメーターなのかもしれない。

2020年11月26日 (木)

デッキチェア

家具屋をうろうろしている私に店員の「お試しください」という言葉にそそのかされてデッキチェアに座ってしまった。東南アジアのコテージなんかに置いてある籐製のあれである。はからずも寝てしまった。目が覚めたときに人間がダメになっていた。復帰するのに何日かかるだろう。

2020年11月25日 (水)

返事

紅葉がきれいな時期になりましたね、と誰かに言われれば、そうですね、と答えるだけでよい。そのとき、木の老廃物を葉っぱに託したために赤くなる、などと返事を返せば相手から怪訝な顔をされるだろう。紅葉の話の裏側に相手の本当に語りたいことが隠されているに違いない、と相手の目の奥を覗きこんだら、これも嫌な顔をされるだろう。とかくこの世は住み辛い。

2020年11月24日 (火)

あるがまま

空に浮かぶ雲を見て、あの部分がもう少し大きければ、とか、厚ぼったければいい形になるのに・・などと考えない。ただあるがまま見ている。雲はただそこにあるだけである。人間の世界だけが、あなたはもう少し仕事ができたら、とか、明るい性格でいてほしい、などと注文をつけてくる。私は私で長い年月かけてこの私になったのだ、とやかく言わないで欲しい、などと叫んでみてもただ秋の風に飛ばされるだけである。

2020年11月23日 (月)

影響(2)

言葉の影響を受け続けている中で自分によい言葉とそうでないものとを選択するのはたいへんだ。いちいち気にしないでいるにはどうすればよいか。それは呆けることだ。鈍感だねなどと言われたら喜ばしいことである。しかしいつも呆けるわけにはいかない。次の策は、好きなことに呆けるのがよい。

2020年11月22日 (日)

保証

普通の男性が駅の改札口で所在無げに立っている。そこに綺麗な和服姿の妻らしき人が近寄ってきたら、その女性が男性にとっての保証人になったのだ。逆もあるだろう。子どもが保証になったり、会社・組織・学校なども代用可能だ。私たちはお互いがお互いに保証し合っている存在なのかもしれない。

2020年11月21日 (土)

影響(1)

人間は言葉に影響されやすい。相手がつぶやくちょっとした一言で落ち込んだり、有頂天になったりして忙しい毎日を送っている。よい言葉だけ聞ければいいが、耳に蓋がないので全て入ってしまうのが困る。われわれは言葉の洪水を浴びせられ続けているのである。たまには雨宿りしたい。

2020年11月20日 (金)

気分

空が晴れたり曇ったりしても人間の気分は左右される。もし気分が変わらない人がいたとしたらそれはそれで少し怖い気もする。左右されても困り、されなくても困る・・ただその気分の変動を人に押し付けることが困るのだ。押し付けた側は気分がスッキリするかもしれないが、聞く側は落ち込むからである。

より以前の記事一覧

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ